FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

All entry


2020-11-28 (Sat)

11/21 土曜練

こんにちは!テナー2年の名人と申します。


今日11/21(土)は本郷キャンパスの第二食堂ホールでの練習でした。個人的なことですが、これまでずっと帰省していたので、二食ホールに足を踏み入れるのは実に8か月ぶりでした。
さて、久しぶりの土曜練では、ホールに入ると2mの間隔をあけて椅子と人が並んでおり、8か月前まで見慣れていた光景より密度が低くなっていました。そして、部屋にいたのはベースとテナーを歌う人だけでした。なんだか不思議な気分でした。
周りを見てみると、新人さんがテナーに2人来てくれました。やっぱり新人さんが来てくれるととても嬉しい気分になりますね。


そうしていると練習が始まりました。最初は発声練習でした。普段はパートごとに各部屋に分かれての練習ですが、今日はベースとテナーが一緒にホールで練習しました。
個人的には、今ショートブレスがしんどいなと思っています。まだ正しい呼吸が完成しておらず、呼吸しているのに苦しい状態になっているのだろうと思います。また、どうにも姿勢が前のめりになるようで、先輩に直してもらうことが何度かありました。


時が経つのは早いもので、気が付いたら発声の時間が終わっていました。本来この次にパート練習の時間があるはずですが、消滅することになりました。
休憩をはさみ、アンサンブルが始まりました。今日は(今日も)8分音符がずれるのを修正していきました。自分でも、歌いながら「あ、ずれてるな」などと気づくこともあったので、頭ではわかっていても体がなかなか動いてくれないものです。そのほかにも、リズムの関係で飛び出やすい音を飛び出ないように修正したり、自然なブレスを目指したりするなど、自然な歌い方を目指していきました。


そして今日の練習が終わりました。次回の練習は11/25(水)、僕たち次期幹部代が来年に備え練習運営の予行演習をする、次期幹部練です。もう1年が終わってしまうことを思うと悲しくもあり、責任を感じてやる気にもなっている、そんな気分です。ということで、次回の練習も頑張りたいと思います。

∧PageTop


2020-11-24 (Tue)

11/18 水曜練

こんにちは!アルト2年のてるです!

テスト期間でしたね。お疲れ様でした。レポート未提出の人は頑張ってください。きっとまだ間に合います。

練習はstoriaをやりました!
発声→パト練→アンサンブルで、パト練は3部屋に分かれて練習しました。スチュコモ中をstoriaで包んでいましたね。

アンサンブルでは、あまり他の人の声が聞こえずお互いに歌いにくかったですね。ソーシャルディスタンスによって周りの声が聞こえにくく、自分の声だけがよく聞こえるせいで、どんどん不安になってしまいますよね。
白ばらは間違っても笑われるような場所じゃないです!とりあえず音を出してみましょう!
少しでも自信が無かったら、近くにいる人に聞いてみると教えて貰えるはずです。私は楽譜が読めなくてもいつも周りの同期と先輩方に何度も頼ってます!(ありがとうございます)

みんなの声が聴こえてピタッとハマったら、かっこよくないですか?!楽しくないですか?!
かっこよく楽しくstoriaを歌うために、まずは1人1人が自分なりに声を出してみるところからですね!!

皆さん、テストお疲れ様でした!
次の練習でまたお会いしましょう◎

∧PageTop


2020-11-20 (Fri)

11/14 土曜練(上野)

こんにちは!ソプラノ2年のかしわです。

今回は2回目の外部練でした。コロナの影響で最近は女声と男声で分かれて練習していますが、今日は上野で場所を借りて女声も男声も一緒に練習しました。曲は「心の瞳」でした。コロナが収束して、大学で女声と男声が一緒に練習できる日が待ち遠しいです!

クリスマスまでまだまだですが上野駅はもうクリスマスの雰囲気でした。上野は上野動物園のパンダが人気なのでツリーにはパンダの人形とかが飾られていました。すごく可愛かったです!!

tree.jpg

∧PageTop


2020-11-12 (Thu)

11/11 水曜練

こんにちは。アルト2年のみどりです。
11/11はポッキーの日でしたね。練習が始まる前に何か食べようと思い生協に寄ったところ、対象のポッキーを2箱購入すると約90cmほどのポッキー型風船が貰えるというキャンペーンを目にしました。
一瞬悩みました。しかし持っていたバッグに入る大きさでは到底なかったため、ポッキー型風船を小脇に抱えて大学内を移動することや、帰りの電車で一人でポッキー型風船を抱えることなどを考えると少し躊躇われてしまい、練習まで時間もあまり無かったこともあり、私はその場を去りました。もしかしたら、もう少し悩む時間があったら悩んだ結果買っていたかもしれません。

さて、今回の練習曲は先週に引き続きstoriaでした。storiaはイタリア語で歴史という意味だそうです。その名の通り、歴史の持つ重みを感じさせるような壮大な雰囲気ながらも、同時に優しさにも溢れていて、すごく綺麗な曲だなと思います。ピアノの伴奏も本当に素敵です。
リズムを取るのが難しく、また初めて音取りをした部分もあり、自分が音を合わせることに必死になってしまったので、もっと練習を重ねることで、この曲のように穏やかな気持ちで歌えたらいいなと思います。
また、この曲は三部合唱で、ソプラノ・メゾソプラノ・アルトに分かれていて、更にメゾソプラノが2つに分かれる箇所があるのですが、その部分の全パートの合わさり方がとても綺麗なので、しっかりとまっすぐな音を出せるように精進したいものです。

次回は今週の土曜日、上野で外部練習が行われます。私は混声合唱に参加するのが半年以上ぶりになるので、すごく楽しみです。
皆さんも、もしご都合が合いましたら無理をしない程度にお気軽に参加してくだされば嬉しく思います。

帰り道に、結局買わなかったポッキー型風船のことがふと頭によぎり、1年に1回しか生協に置かれないものだしちょっと惜しいことをしたかもなあと思いました。来年、機会と覚悟があれば今度こそ手に入れたいですね。

以上です。

∧PageTop


2020-11-08 (Sun)

予定調和という安定

 11/7(土)13:50、私は本郷総合図書館の自習室にいた。白ばらの練習は13:30からであるので事情を説明しなければならない。早お昼を済ませ、12:30頃に本郷キャンパスについたが、練習まで時間があるので、暖房の効いた総合図書館で一眠りをしていたのである。つまり、寝坊である。

 慌てて第二食堂のホールを覗けば、見知ったベースメンの顔がずらずらと並ぶ。これまた事情を説明しなければならない。普段であればアンサンブルの前に行うパートごとの練習はホールと会議室に分かれる。つまり、いつもとは練習形態と違うのである。後で気づいたが、今日はテナーの音とりや指導をするノソタソ氏がおやすみしていたので、こうせざるをえなかったのである。

 今日初めて練習に来てくれた1年生さんがいた。せっかくなので話しかけ自己紹介をすると、「もしかしてtwitterやってます?」と私のtwitterを見ていると仄めかされた。話を聞けばそれは私でない。別の人だと言い逃れできる状況ではなく、顔を赤面させてぶっ倒れる他なかった。とても恥ずかしかった。

 まあ今日の練習というのは、予定にない事が次々と起こる。良くも悪くも面白く印象に残るわけだが、自分が趣味としている合唱というものは、真逆の発想に立っている。楽譜には十分な情報が表示され、各団固有の方法によって基礎を練習し、予め示された解釈に向かって全員が努力する「予定調和の極み」なのだ。かといって、それがつまらないわけでも、印象に残らないわけでもない。日頃の生活でいきなり予定外に出会す我々は、お約束を忠実に守ることをも時には求めるし、そうでなければ疲れてしまう。だからこそ合唱がいくら「予定調和」であろうとも人々を感動させ、歌う我々を楽しませるのだろう。

 さて、次はお茶大練を挟み、上野で外部練となる。予定調和を一緒に極めよう。多くの方の参加を心からお待ちしている。

∧PageTop



Menu

Calendar

<11   2020-12   01>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template