FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

All entry


2021-05-10 (Mon)

5/8 土曜練

こんにちは〜ロイです〜
最近散歩に出かけたら靴擦れして苦悶の表情で歩いておまわりさんに2度見されました

今日は本郷キャンパスで行う東大生のみの練習でした。「飛行機よ」という曲集の1曲目、「五月の詩 序詞」を練習しました。この“序詞”ってなんて読むんでしょうね?じょことば?じょし?
「飛行機よ」という曲集は定期演奏会の2ステージで演奏する予定です。僕は大学で専攻するくらい飛行機が好きなのでもう名前からとても気に入っています。ありがとうどらちゃん。

今日は前半部の音取りをしましたが、3連符が絡んだリズムやテンポ変化がなかなか難しかったです。周りと合わせつつ自信を持って声を出さないといけませんね。ともあれ前奏から各パートのメロディまでとにかく綺麗で気に入っているので曲として形になるのが楽しみです。

ベースパトリになってまあまあ経ちますが、弊パートには拭えぬ特有の空気感があるようです。例えるなら白シャツについたカレーうどんの染みとかヨウ素液触ったあとの指みたいな感じでしょうか。本日初めて参加してくださった新人さんとベースメンのやり取りの様子を見ててふとそう思いました。まあそれを心地よく感じているのですが...

練習後のアフターができないのが寂しいですがみんなと歌えるのはやっぱり楽しいですね。4声揃える日が待ち遠しいです。

∧PageTop


2021-04-19 (Mon)

4/14 水曜練(女声)@和光市

こんにちは、アルト3年のさくらです。なんだかいつも色々ばたばたしてしまっているけれど(きっとアルトの方は既にご存じかと…苦笑)、アルトのパートリーダーを務めさせていただいております…!

今日4/14(水)は、雨だしはるばる埼玉県だし…なのに、新人さんが8人も来てくださいました🎉感謝カンゲキ雨嵐ですね…!!

まずは女声全体でじっくり基礎練をしました。皆さんとても声が出せていてよかったですね。姿勢はだんだん疲れたり忘れたりしてしまいがちですが、「まずは視線を少し上げてみよう⤴」と声掛けしたところ、すぐに実行してくれて嬉しかったです✨少しずつ一つずつ、ポイントを掴んでいきましょう!!

次に、ソプラノとアルトに分かれてパート練。今回練習した曲は、『湖上』と『夢』の2曲でした。リズム読みも音取りも、しっかり声が出ていて、とても良かったし、聴いていて嬉しかったです~。苦手な部分は繰り返し練習していきましょう…!同じ曲を何度も練習できるので、今日すべてできるように…💦と焦らなくて大丈夫!今日できたこと、次回気を付けたいこと、等ちょこちょこ見つけて、今後の練習に生かしていきましょう!

最後は、再び女声全体でアンサンブルです。特に『湖上』はアカペラ曲なので、音程を安定させるのが難しい点もあったかと思います、が、しっかり声を出せているので、だんだんと感覚をつかんでいきましょうね、私も頑張ります!『夢』は、アルトは比較的低めの音ですが、前に飛ばせていたように感じました👍しっかりと支えられる歌声を響かせたいですね。

お茶大での練習も、外部での練習も、試行錯誤の日々ではありますが、歌える楽しさを大切に、より有意義な練習にしていきたいですね!技会として精進します…!

そして、次回18(土)には下北沢で男女4声揃って歌えますね♪新人さんも旧人さんも、是非お気軽に参加してくださいね。(フォーム回答や新歓委員さんへの連絡をお忘れなく~!)一緒に歌える&お話できるのを楽しみにしています…!

以上、皆さんが敬遠する和光市は、私にはめちゃ近くて実は嬉しい、埼玉生まれ埼玉育ちのさくらでした~!🌸

∧PageTop


2021-04-15 (Thu)

4/10 土曜練

おはこんばんにちは。

一念発起し、コンタクトを買ってみようと思った矢先、
父親の仕事の都合で保険証がなく、諦めてしまった団長のタオです。
噂によると実家には新しい保険証が届いているそうなので、早く送って欲しいですね。
体調不良になると大変なので、怖くて夜はよく眠れます。

…と近況報告はさておいて、自己紹介。
私は、東京大学経済学部経済学科3年、土屋佑太と申します。
白ばらではタオと呼ばれています。団長という役職をしています。

【上野企画】
本日4/10、よく晴れました。

・上野企画とは?
上野公園に設置されたチェックポイントを数人のグループで回りながら、
親睦を深めようという企画です。
コロナであまり屋内企画ができない中、新しい生活様式にあってますね。

・どうだった?
自分のグループは7人、うち3人が新入生でした。
いろんな人と喋れて面白かったです。
世の中いろんな人がいるなあと改めて思いました。

【練習】

東大生に限った練習を上野企画の後に行いました。
曲目は湖上。
ベースやテナーだけだとわかりにくいですが、4声揃うと本当に美しい曲です。
新入生が来てくれましたが、なんとか音とりもできたようです。
腹式呼吸、拍など、今日やったことは忘れないようにしたいですね
湖上は、来週下北沢の外部練習で4声揃って歌えるので楽しみですね。

∧PageTop


2021-04-11 (Sun)

4/7 水曜練

こんにちは、ソプラノ3年のにょんです。
今日はお茶大での3ヶ月以上ぶりの練習でした。マネ会としても技会としても、代替わりしてからはじめてだらけの練習でしたが、あたたかい団員に助けられながらあっという間に2時間は過ぎました。

ずっとオンライン練習だったので、スチューデントコモンズで広々と歌えて楽しかったです。
そしてなんと!女声の新人さん受け入れが始まった練習でもありました。練習の最初の挨拶していた人です、覚えておいででしょうか。オンライン参加の方と対面参加の方と合わせて5人も来て頂き、幸せな時間でした。

練習の中身の話を少し(?)しますと、今日は湖上を練習しました。じっくり基礎練をやったのち、パート毎に部屋を分けての音取り。パートによってだいぶ雰囲気が違うので、練習しているうしろを通るのはとても楽しいですよ。
湖上はアカペラの曲なので、ピアノの補助がないとなかなか安定して歌うのは難しそうでしたが、最後のアンサンブルではリズムもハモリもとても綺麗でした。いきなり高音を出させられる曲ですので、発声の時間にも慣れて行きましょう〜。

音をとることがメインの日でしたが、楽譜をよむ度に、メンバーの歌っている声を聞くたびに、新たな発見があって飽きることがありませんね。ちなみにソプラノは部屋の都合上、パトリのよつばとサブパトリの私にょんが2部屋に分かれ、超小規模練でした。活動に制限がある今だからこそ出来ることでした♪
下級生と、現役を引退された先輩など、学年の離れた団員が隣り合って歌う光景は、白ばら〜〜〜って感じで愛おしかったです。

女声は、お茶大での練習(お茶大生のみ。配信あり)と外部会場での練習が概ね交互に進んで行きます。いろいろな制限があり、この先も不確定ではありますが、それぞれの練習の良いポイントをうまく活用していきたいですね!!!!
練習は時間制限がある為、かなりせかせかしていましたが、練習外でも団員とたくさんお喋りしてみてください!

暑かったり寒かったり体調を崩しやすい時期ですね。気をつけてお過ごしください。
それではまた次回の練習や企画でお会いしましょう。

以上、最近やたらとドーナツを食べる機会があって(我ながら)驚いているにょんでした🍩

∧PageTop


2020-12-30 (Wed)

12/20 歌い納め コンサートマスターより

寝ている最中に失礼します。ベース3年のピクリンです。

【歌いおさめ】
まずは、皆さんお越しいただきありがとうございました。ちゃんと無事にお家にたどり着けたでしょうか。アンサンブルでは「心の瞳」のフレーズ、それを超えたまとまりについてチャチャっと調整しながら完成させていくという方式を取りました。「今自分たちはどこに向かっているのか(ミクロ・マクロで)」を歌っている最中に常に考えておくのは大事だと思います。一方、こまごまとした話は今まで結構やっていたので、みなさんよくできていましたね。それと、やっぱり大人数だと声の圧がすごいです(月並み)。密サイコー!
音楽会も楽しかったです。ベースパト芸の後半以外は彼も此も目を驚かさぬはなき感じでした。ちなみに、うちの学年合唱の曲は「平行世界、飛行ねこの沈黙」の「うたひ手」でした。

【練習の総括】
今年度(主に9月から)の目標は
「みんなで合わせて唱う」
でした。表現をどうするとかそういう前に、そもそも少なくとも4声部が揃わないと合唱というのは成り立たないのですが、まずはその段階に立てるようにしようという話です。とはいえ、「合わない」原因は山ほどあって、例えば、楽譜のページをめくれない、自分の世界を創生しそこに住みつく、発声のタイミングで声帯が合っていない、子音で引っかかっている、16分が適当というか8分が適当というか…(recursive)、音価が甘い、音に対する根源的不安、指揮を見ない、指揮が見るに堪えないことなどが挙げられます。それらをどのような順番・方法で直していくのを考えるのが私の仕事だったと思います。ここ主体で発声も見ていたので、アンサンブルで「響き」や「強弱」についてあまり触れられなかったのが心残りです。まぁくまさんが毎年仰っている話はちょくちょく話してきたので、来年以降くまさんが山里から帰ってきても、仲良くできると思います。話を元に戻して、目標がどれだけクリアされたかですが、散々このようなことを毎回の練習で話していたので、流石にみなさんも意識して歌ってくださったように思われます。特に入りやアウフタクトでの遅れは徐々に減っていきました(切り際が雑なことはまだありますが)。これは指揮も5割悪いのですが、アウフタクトは重くならないように、次の1拍目に向けるように気をつけましょう。あとは、「周りの声を聞く」だったり「自分の中に明確な拍を持つ」だったりが一人一人できるといいのかな。

【〆】
半年程度と短い間でしたが、みなさん練習に参加していただきありがとうございました。
コロナと単位には呉々も気をつけてください。

∧PageTop



Menu

Calendar

<04   2021-05   06>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template