FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Category :日誌


2019-04-16 (Tue)

4/13土曜練

こんにちは!S2のたむこです!
4/13(土)の練習内容を書きます!

まずはパート練習。女性は交代でくまさんのボイストレーニングを受けました。新人さんにとっては初めてのくまさんですね。顔ぶれは変わったものの、いつも通りのことをおっしゃっていましたね。
・声帯を合わせる
・音を頭でコントロールする
・舌を下前歯の裏につける
これがくまさんがいつもおっしゃっていることです。入団すぐの方はわからなくても大丈夫です! だんだんくまさん語が分かるようになります✨
いきなり一人ずつ歌わされたにも関わらず、堂々と歌っている新人さんを見て感心しました。

その後はホールに戻って「わが叙情詩」を音取りしました。音の跳躍があるところで苦労しました。

パート練習後、くまさんブル(くまさんによるアンサンブル)をしました。今回は歌詞を重視してアンサンブルをしました。くまさんの渋い朗読を聞いてから、作詞者の背景や、曲中の単語について考察しました。より、明確なイメージを持って歌えるようになりました。

たくさんの新人さんが来てくださって嬉しかったです!特に男声の厚さにビックリしました!!

翌日は池袋企画でしたね。謎を解いて(とても熱中している班もありましたね)、餃子とクレープを食べて。楽しんでいただけたなら幸いです!

∧PageTop


2019-04-13 (Sat)

4/10水曜練

こんにちは。ソプラノ2年のるかです。
4月10日(水)の練習について書きます〜
水曜はいつもお茶大で練習をしているのですが、今日は東大駒場キャンパスで練習がありました!
その甲斐あってか東大生の新人さんがたくさん来てくれて嬉しかったですね!
お茶大生にとって東大駒場キャンパスは少し遠いのですが、お茶大生も4人もきてくれてとても嬉しかったです😊

今回の練習曲は「春に」でした。
ソプラノパト練では、いつものように姿勢作りや発声をやったあと、音取りに入る前にみんなで詩の確認をしました。最近の白ばらのテーマでもありますが、最初にみんなで詩を声に出して読むと歌の全景が見えて歌いやすくなりますね。私含めた旧人はこの曲を新歓合唱祭でもやりましたが、詩のイメージをみんなで共有するのは大事だなと改めて思いました。
さて、ソプラノに来てくれた新人さんは練習前にYoutubeで「春に」を聴いてきてくれたようで、優秀すぎて転げました。さすが情報科ですね。関係ないですが。そのおかげもありスムーズに音取りが終わって、時間に余裕のあるパト練になりました。

今回のアンサンブルのテーマは「音価」でした。
「音価」とは「音(音符や休符)の長さ」のことです、と、インターネットに書き込む前に不安になったので調べたのですが正確には「その音符または休符が支配する時間を示すもの(Wikipediaより)」らしいです。言われてみるとなかなかしっくりきます。日本語は難しいです。
それはともかく、とにかくアンサンブルのテーマは「音価」だったのです。
最近の白ばらのテーマは「詩に着目する」ですが、私たちの考える詩のイメージを聴いている人たちに届けるために必要なものの1つに「音価を正確に保つこと」があります。音価が保たれずフレーズが途中でブツブツ切れていては、何を言っているか伝わらないためです。かの有名なロックシンガー「ダイアモンド✡ユカイ」こと田所豊さんも「ダ✡イアモン✡ド✡ユ✡カイ」だったら語感は悪いし意味もよく分からないしでおそらくあれほど有名にはなっていなかったでしょう。まぁそういうことです。(多分違います。)

そんなこんなで練習が終わり、練習後には新人さんと一緒にご飯を食べました。渋谷のイタリアン?の店です。
サーオリでお話しした新人さん、同じ学科で公開練習も来てくれた新人さんの2人を含めたアフターでした。新しく新人さんと出会えるのももちろん嬉しいのですが、前に知り合った新人さんとまたお会いできた時の喜びはひとしおですね。新歓をやっていて良かったと思うことのうちの1つです。思い返せば嬉しさのあまり喋りすぎてしまったり新人さんが自己紹介するより前に勝手に新人さんの他己紹介をしてしまったりで、よろしくないですね。気をつけます。普段はもう少し落ち着いた人間ですのでどうぞよしなに。


結論としては人が来てくれて楽しかったよということでした。以上です。思ったより長くなってしまいました。ソプラノ2年るかでした。

∧PageTop


2019-04-09 (Tue)

4/6土曜練

みなさんこんにちは、テナー2年ののんたんこと秋山直毅です。
4月6日、白ばら会合唱団は東京大学駒場キャンパスで開催された新歓合唱祭に出演したあと、公開練習、新歓パーティーを行いました。

公開練習では、たくさんの新入生が練習に来てくれました!新人さんと「君をのせて」を一緒に歌いました。普段から人数が倍増したことで、迫力のある合唱になり、団員一同歓喜しております。

新歓パーティーにも多くの新入生が来て下さり、賑やかなバーディーになりました。

まだまだ新入生が体験に来てくれることを心からお待ちしております!是非一度来てみてください!!!

∧PageTop


2019-04-04 (Thu)

4/3水曜練

こんにちは、ベース2年のイザヤ(マックス)です!4/3(水)の活動について書きます。

まず、この日にはお茶大のサーオリがありました!先日の東大での新歓イベントが全体的に過激であったのに対して、お茶大のは穏便(?)だったので、新入生に話しかけてもすごく穏やかな反応を返してくれる人が多くて、ちょっと嬉しかったです(何様)。
サーオリに来てくれた子が今後白ばらに遊びに来てくれたらめちゃめちゃ嬉しいですね、そうなったらきっとイザヤは狂喜乱舞しちゃいます、確約します(?)。

あ、それから実は私、白ばらの新歓委員を務めている者なのですが、新歓Sub.(新歓委員の副リーダー)と新歓補佐(新歓委員の補佐をしてくれる先輩)が差し入れをくださったのがめちゃめちゃ嬉しかったです、片方は最近お茶大にできたカフェで買った飲み物だったんですかね?今度練習帰りにでも寄ってみたいです(白ばらのどなたかイザヤと一緒に行きませんか(土下座))。

あ、その後は通常の水曜練がありました、今日歌ったのは新歓合唱祭で演る予定の『春に』です!
この日は2人もの新人さんが新規で練習に遊びに来てくれて、新歓委員としても(おこがましい)、白ばらの一団員としても、跳び上がるほど嬉しかったです!今年は我らが住処である「「ベース」」にはまだ新人さんは来ていないので、まだ見ぬ新人さんが遊びに来てくれるのを楽しみに待っています(もちろん他のパートの新人さんも大歓迎ですよ!)。

練習後には新人さんと一緒にご飯を食べに行きました、お茶大の近くの某ハンバーグ屋さんです。新人さんといっぱいお喋りできてとても楽しかったです(語彙力皆無)。やっぱり後輩と仲良くなることをすごく楽しみにして今まで新歓をしてたので、いざこうやって新人さんとご対面するとなるとあまりの嬉しさにイザヤのようなおじさんは緊張してしまいますね、なるべくいいおじさんになれるように頑張りたいと思います。

あ、なんかこの文章、完全にイザヤの日記みたいになってますね、コレはひどい、でも全部白ばらに関することだから大丈夫かな?お目汚しごめんなさい。
しかも他のみんな、いつもばら日誌をめっちゃ長い文章で書いてて、なんだか長く書くのがデフォみたいになって文章を書くのが苦手な人にプレッシャーになってしまってたら申し訳ないから、自分の番には短くチャチャっと書いて完成ってことにしようって思ってたくらいなのに、イザヤの要約力の無さが遺憾なく発揮されてしまいましたね、まぁいっか。

さて!ところで!(突然)
いよいよ新歓合唱祭が近いですね!
新人さんに少しでも良い歌声が届けられるよう、あとちょっと頑張っていきたいと思います。五月祭に向けての練習も楽しみです!

なんか上手くまとめられた気がしないですが、今回のばら日誌はここまでということにしようと思います、最後まで読んでくれてありがとうございました!ベース2年のイザヤ(マックス)でした!
また練習でお会いしましょう〜

∧PageTop


2019-04-02 (Tue)

3/30土曜練

こんにちは。アルト2年のたけみーです。
今回の練習、私は途中までしかいられなかったのでパト練についての話をメインに書くことにします。

この日は人が少なかったので、女声合同パト練にしました。2パート一緒ということで、(特にアルトの人々は)いつもとちょっと違う雰囲気のパト練でしたね。

パト練の最初に、前回の全通しの録音を聴いて振り返りをしました。フレーズの切り際や音価、子音など、気を付けているつもりでもまだまだ足りないですねー。特に後半疲れてくると意識が細かいところに向かなくなりがちなので、最後まで集中して頑張りたいです。

振り返りの後は、それぞれの曲で特に気を付けたいところに重点を置いて練習しました。
「心のハーモニー」はテンポが早くて口が忙しいですが、落ち着いて歌いたいですね。特に切り際が雑にならないように注意です。ここハモ、良い曲ですよね。白ばらの良さが詰まった曲だなあと思います。
「春に」と「ほらね、」はどちらもフレーズ感が大切です。まとまりを意識して歌うのってなかなか難しいんですよね。歌詞のページを読み込もうと思います。「ほらね、」も良い曲ですよねー。「ほらね 僕らは一人じゃない きっとね 誰も一人じゃない」って歌詞とか最高ですよね。しかもこれを一人で歌うんじゃなくて合唱で歌うところが良いですよねー。合唱って一人じゃできませんし。こんな風に歌詞もすごく素敵な曲ですが、それに飲み込まれるとただ何となく感情に任せて歌うだけになってしまうので、細かいところにより注意を向けることが大事ですね。
「Ave Maria」はそれぞれのフレーズの入りに気をつけて練習しました。入りを丁寧にするのはどの曲でも共通ですが、この曲はアカペラなので特に四声でしっかり揃えたいところです。パートごとに声がまとまってきた感じがして良かったですね。

気付けば新歓合唱祭まであと数日!!今までに意識してきたことをもう一度確認しておきましょう!!

新歓真っ只中ですが、体調にはお気をつけて!!
白ばらの仲間が増えると思うととても楽しみですね。

∧PageTop



Menu

Calendar

<03   2019-04   05>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template