FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Category :日誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∧PageTop


2018-12-23 (Sun)

技会さんより

技会さんから定演に向けてのメッセージをいたまきました!

◯Sパトリ さゆみんさん
すべての瞬間を集中して、悔いなく楽しい演奏にしましょうー!

◯Sサブパトリ こはなさん
今まで積み重ねてきたものを信頼してください。そして、ホールで歌うことを楽しんで!

◯Aパトリ ろーさん
本番では、今まで積み重ねてきたことを当たり前のようにやるだけ。そのためには楽しむ余裕も必要です。1年間慣れ親しんだ曲、気持ち良く歌いきりましょう!

◯Aサブパトリ もこさん
歌う前に確認してください。肩に力が入ってませんか?姿勢は整っていますか? 笑顔になれてますか? そしたら何も問題はありません。
夏合宿、徽音祭、駒場祭、ゲネプロと着実に曲を自分のものにしていくみなさんを聴いてきました。いつもどおり言葉を客席に届けてください。

◯Tパトリ デンリュウさん
技会俺らは3年で
もうすぐウチらの定演だ!
暗譜できてない?てーへんだ!
そんな時には岩塩を!
舐めたら少しは安定だ!
本日天気は曇天で
それでも地球は回転してる
終演前には暗転し
余韻は響く、永遠に
長老さん方増援ください!
お客さん方応援ください!
いつでも誰でも歓迎です!
その日の夜には饗宴だ!
願うことには白ばらの
潰えることなき安寧を!

◯Bパトリ セーさん
瞬くほどの間に終わってしまう本番。この一年の思いを込めて、目一杯味わいましょう。

◯コンマス・Bサブパトリ チャルさん
夫れ未だ戦わずして廟算勝つ者は、算を得ること多ければなり。未だ戦わずして廟算勝たざる者は算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。而るを況んや算なきに於いてをや。吾此れを以てこれを観るに、勝負見わる。
『孫子』計篇より
解説:廟算勝つ、とは戦争に行く前に廟堂で行われる作戦会議ですでに勝っているということです。
孫子は兵とは詭道なりばかり有名だが、百戦して百勝するは善の善なるに如かずとともに戦術についての本でありながら戦争そのものに留まらない孫子らしい言葉だと思います。
と、去年と対照的な入りをしました。
私は感動的な話を書けないのでそれは申し訳ないですが、私自身定演がまだ終わっていないのでまだエモくなれないのです。幹部終わりだねっていう気もまだしないですし、自分としての仕事はまだ半分だな、と思ってます。
自分の過去の経験からして、定演では演奏がかみ合わないとあっという間に過ぎ去っていきます。そこで大事になってくるのが、各ステージの一曲目、最初のフレーズです。ここで、練習でやってきたことが出せて、上手く行った感触があれば、そのあとはもう体が自動的に反応します。逆にそこが出来ないと曲集全体が空回りしてしまいます。もちろん、最初意識しすぎて力んでしまっては本末転倒ですが、あれ、始まっちゃった、どうしよう何やるんだっけ、ってなると困るので、曲集の最初はやるべきことをはっきりと知覚し、集中しましょう。
さて、みなさんこれまでの練習は楽しかったでしょうか?楽しかったよって方もつまんなかったよって方も安心して下さい。定演はもっと楽しいです。今年のスローガンは、音楽の悦びをしりやが(ることに依)って俺(観客、指揮者、歌い手、作曲者、作詞者)にもいい思いさせろよ、だったと思うのですが、音楽の悦びを知りやがることは本当に楽しいことです。水曜練の時も言いましたが、指揮者と会話しましょう。音楽はコミュニケーションです。一曲集の短い時間を濃密に、最大限に楽しみましょう。

明日だけでいいんです、自分のやってきたこと、くまさんと私の言ってきたこと、技会の言ってきたことを信じてみましょう。そして今日言った話じゃないですが、皆さんの持ってる最高の集中を出しましょう。そうしたら間違いなくいい演奏になる、と少なくとも私は思っているし、信じています。
今日までの練習ですでに算段は立ちました。あとは本番だけです。
どんな定演になるか、楽しみです。
今年で一番楽しい、一生思い出に残る日にしましょう。
コンマス 青木秀人

∧PageTop


2018-12-23 (Sun)

マネ会さんより

幹部マネ会さんから定演に向けてメッセージをいただきました!

〇マネージャー JAMさん
みなさんこんにちは、現マネージャーのJAMです!
と言っても、もうすぐ「元」になってしまう身分ですが…

マネージャーとして、そしていち団員として、これから1年間頑張ろうと決意してから早1年。気づけば定演が目前となりました。数ある合唱団の中で、白ばら会合唱団の良さは数え切れないほどありますが、やはり定演を成功させることが合唱団としての本望でしょう。

思い返せば、今年は大勢の方に支えられた1年だったように感じます。それは指導してくださった熊谷先生をはじめ、伴奏者のチコさん達、我らが学指揮のチャルダッシュはもちろんのこと。弊団にご理解とお力添えを頂きました顧問の西川先生・香西先生、小規模化を憂慮し募金活動に参加してくださったOB・OGさんの方々。そして、白ばらをより良くしようと尽力してくれた団員ひとり一人に対し、この場をお借り致しまして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、泣いても笑っても定演は一度きり。奏でられた音楽は刻一刻と生まれては客席へと確かに届いていきます。観客の方々はその一瞬のひと時を楽しみにご来場になります。白ばらを支えてくださった方々の想い、当日お越しになる観客の想い、この日のために精進してきた私たちの想い…それらを胸に、誰しもが心の底から満足のできるような、私たちなりの定演を成功させましょう!

〇サブマネージャー さくちゃんさん
サブマネのさくです!
定期演奏会、このメンバーで、この場所で、歌うことができるのは最初で最後ですよね(ノω・。)私たちの持てる全てを出し尽くしましょう!
先輩同期後輩、今まで関わった全ての方に感謝します。素敵な定期演奏会にしましょう♪♪

∧PageTop


2018-12-23 (Sun)

12/22土曜練②

あ、はいこんにちはコンマスのチャルダッシュです。今日は最後のくまさんブルでしたね。
日誌としてでなく練習を自分なりに文字起ししてみます。 なんか同じ話が多くなってしまい、すごい長くなってしまいました 申し訳ないです。
総括すると母音はちゃんと前にだして、流そうね、ってことです。
ソプラノはエ母音を出す時に、子音などに引っ張られて硬く奥まったエ母音になりやすいので意識しよう。
1曲目 
p14~15 テナー:上の方の音(レとかファとか)で浮かないようにする。イメージとしては
準備が遅いと母音が固まるだけなので、きちんと母音の通り道、音をイメージしてから入る感じで コツとしてはアクセントは母音の伸びを感じることだと思います。
ソプラノ:入りのTeできちんと捕まえてあげる、それが出来たらTe decetの音の移行を全て前でやってあげる、でもそのためにはスッと入ってあげることです。 ポイントとしてはTeをエモーショナルにしないことです。deで引かない、cetを音にしてあげる、hym-nusはしっかり狙ってあげる、狙う時のコツは、最高音で流すことなので、流した先もその流れに乗せることを意識することです。もってった後引く意識が潜在的にでもあると決めるところも決まらないので気を付けましょう etはエ母音の入りなので注意する、et tibi redの音移行で引かないようにする redで引かない、いったん間が空いても、そこで流れが切れないようにする。
p16
全声:ex-au-di 特にソプラノ アンサンブルだと注意を受けてどんどんのどが絞まっていたので、パト練でやったように上の音はのど締めずに出すためにも上から狙うイメージで。
アクセントで母音が流れる道をきちんと作れということでした。ポイントとしてはexのe母音は道が通ってるかの開通確認、アクセントのauでその道に躊躇なく前に流す感じです。
これもポイントとしてはauを両方前で出してあげることです。デクレッシェンド前後で母音が引っ込まないように気を付けましょう
adは、母音からでしかもffなのできちんと道をイメージしてから入りましょう そうしないと力で固めただけになってしまい流れが止まってしまいます。これもコツとして特にソプラノはファシャープからドシャープへの音の降りを前でやること、さらには、みんなomnisとかで母音抜いてしまう癖があるので、いったん流したら止めないのをもっと意識しましょう。母音は常に流れるものです。

p17 Kyrie これもきちんと音の道をイメージしてから入る。eで引かないのがポイントです。
p18 eleisonのアクセントはleですが注意して欲しいのはアクセントは母音にかかるので、子音の発射速度だけ上がることにならないように。きちんとLを弾いたあとにエ母音の舌の位置に行ってるかの確認をしましょう。それとeleisonのコツはeとleを同じ道を通してあげることです。
Christe はアクセントchriですが、chr子音によってイ母音が力みで硬くならないように。イメージとしては、chriのr子音が口の前の方を通って歯の裏につくのを感じると前に流せます。christe eleisonも一つずつにならずにアクセントから母音の流れを作るのを意識しましょう。
二曲目 あんまり言われなかった?
ソロはだんだんのどが絞まってしまうので、気を付けましょう。入り直す時に気を付けるといいでしょう。 あと前に出るときにプロ意識をもちましょう ステージ上を歩くプロみたいな感じになりましょう。

3曲目
ソプラノは、まずSanctusのS子音のあとのア母音がスカスカしないように気を付ける。さらに、Sanのnで母音を飲みこまないようにする、むしろnはctusと同時に処理するイメージの方が正解に近いです。 隣どうしの音も前で処理してあげましょう。
Hosannaは入りが母音からなので、きちんと音と母音をとらえてから入りましょう
男声 Gloria アクセントを瞬間でなく、付点四部分のオ母音の流れを意識する。

4曲目
ソロの方は、音が上に行っても、声の方向性が変わらないように気を付けましょう。コツとしては全部前でやってあげる感じです。それを頭の後ろとかを通さない
練習番号Dのイ母音が固まらないように気を付けましょう。コツとしてはシフラを低い音と思わないことです。
全体的には歌い手自体がエモーショナルにならないように気を付けましょう。表現ができるのと、自信が表現に流されるのは少し違うんですね

5曲目
Agnusはaがアクセントですが、母音からの入りなので、準備が遅いと道に通せず固まるだけなので気を付けましょう。
テナーのパートソロは、隣同士の音でのどが絞まらないように気を付けましょう。
p43 ソプラノはdonaのdoの音を下からとらないように気を付けましょう。na-の音の移行は上から流しこむ感じです。

6曲目
前半ソロ: 全体的に声が響きだしているので、明日までに一番大事なのは自信を持って。全体的には高い音はのどを自由にしてあげるイメージです。ソロなので抑揚を大きめにとって、持ってくところは落ち着いてやろう。
p55
Dies illa diがアクセントですが、d子音の発射速度だけ上がらないように。ここに関してはd子音に力が入りすぎて、弾きすぎになりやすいので、弾きすぎると舌のアーチが下に落ち込んでつぶれた母音になりやすいです。ちゃんとイ母音に行けるように気を付けましょう。Ca-la-mi-ta-tisは、母音の伸びというか、伸びてる間の流れを感じて、棒声にならないように気を付けましょう。常に母音は自由にしてあげる意識です。
p60 in die 四部が続くところはスッと処理してあげる。スッと処理するということは、軽い接触で、前に出してあげるということです。
後半ソロ:力みはとれてるので、あとは一つ目の山、2つ目の山を感じることです。
7曲目 ソプラノは細かくはパト練でやったとおりです言われたことも大体同じだったというか、言ったこと意識してくれば治ることなので、お願いします。
p65
in paradisum inは、母音からなので、きちんと音と声の通る道を決めてそこに通す。あと、n子音で絶対飲みこまない。de-du-cantの音の上りで後ろに引かない。
あと、angeliのanでもってった後は、前から音を下っていくイメージ。
in tuo のin(略)
et perducant-teとかも、最後のteで引っ込む意識だと、cantでもってけない。
p68 練習番号D et cum Lazaroは、cumのm子音で飲みこまない、あと、きちんと母音があると思うので、前の道に通してあげる、lazaroと同じ方向性にしてあげるということです。
あ、長くなりました すいません。

∧PageTop


2018-12-23 (Sun)

12/22土曜練①

こんにちは!
S3某っつみーです。(最近本郷三丁目駅で先輩とすれ違って、ツイッターに「某っつみーとすれ違った」と呟かれました。)

今日はラスト練習でした!
最後のばら日誌、私で良いんですかね汗
例年最後は団長とかコンマスが書いてるような気が、、、、
最後が私でごめんなさい、頑張って書きます汗

【パト練】
最初は1stの練習をしました。
「言葉と呟きのはざま」がテンポについていけてなかったのでメトロノームつけて200に合わせて練習しました。
「なくならない」も最後のアッチェルで口が回らなくなりがちなので1番早くなるときのテンポで繰り返し練習しました。

休憩を挟んだあと、チャルがベースから来てくれて、3stのインパラを見てもらいました。
・deducant angeli のangeliみたいに音下がるところで押さえつけない
・特に母音から入るとき準備をちゃんとする
・同じ音を長く伸ばすときピッチが下がらないように気をつける
など、ビシバシ指導してもらいました!
ありがとうチャル😊

【アンサンブル】
めっちゃ怒られました!
先週のゲネプロでクマさんから「若さがない、元気がない」とダメ出しされたのですが、道を作れてないから、音が道(舌)の上を通って前に飛ばせてないから元気がないように聴こえるみたいです。
1曲目Requiemの「adte omnis caro veniet」の部分も、ちゃんと音を前に飛ばせてないからffのはずなのにffになってないとご指摘されました。

「全部この一年間で言ってきたことだ」と言われてしまいましたが、本当に、言われてきたことですので、悔しいですね〜〜

パート集合ではパトリさんに、「いっぱい怒られたけど今までやってきたことは無駄じゃないし、冷静にやればきっと大丈夫!」と言われました!
くまさんがよく合唱は根性論じゃダメだと仰るように、一年間やってきたことを出し切るよう冷静にならなきゃいけないんだなぁって、改めて気づかせてもらいました。


ということで、定演前日はこんな感じでした(^_^;)
明日は本番!!!!
朝早いので、早く寝るように頑張ります(^^)

∧PageTop


2018-12-20 (Thu)

12/19水曜練

こんばんは!
本日無事に歯医者通いを卒業しました、ソプラノ3年さゆみんです。うれしい!!

今日はラスト歯医者、、じゃなくてラスト水曜練(!!)でした!
そして16日のゲネプロを終えてから初めての練習になりました。

練習の内容は、みんな自分の楽譜を確認するなり録音を聞くなり、自分で確認してください!(丸投げ)

これは書くのがめんどくさいからとかじゃなくて、定演までに各自楽譜を見返して、音価、拍感、強弱、練習でやったこと言われたこと、練習の思い出などなどもう一度自分で確認してほしいなあということです。
ゲネプロの音源聞きながらチェックするのをおすすめします!
というのも今日の練習では今までやったことしかやってないはずです。
やってきたことのなかでどんなところができててどんなところができてないのか、聴いて感じてみてください。
定演まであともうひとふんばり、みんないろいろ忙しいとは思うけどぜひやってね!

唯一、今日の練習で初めて言われた、でも1番大事なことは、定演では歌う楽しさを感じよう表現しよう!!ということです。
集中して1音1音に練習の成果をこめるというのはもちろん大事ですが、そのために間違えるのが怖くて緊張して音にまで響いてしまったら練習の成果が出せません。

今日のアンサンブルではチャルがこの世の中で1番幸せそうな表情で振っていたの、みなさんお気づきでしたか?
チャルが楽しそうだから私も微笑ましくなって楽しく歌えました。

そんなふうに、指揮者と対話して、白ばらで歌う楽しさ、いい演奏を作る楽しさを共有して、それをお客様に届けられるような定演にできたらこの上なく良い(歌う側にも聴く側にも)演奏になるんじゃないかなと思います。

ここからは今回の定演についての私の独り言です。暇な人は読んでください。

これまで1年間幹部として、選曲委員、ソプラノ技会、定演デザイン担当を務めました。定演委員として会場を決め、選曲会議でステージ構成を決め、技会として曲作りに携わり…。定期演奏会への思いは年々強くなるものですが、0から1、1から10、10から100と全てに携われたおかげで、それはもう本当に強い思い入れがあります。

私のデザインしたチラシやパンフはご覧いただけたでしょうか。チラシやパンフの表紙はただただシンプルで、ぱっと見手抜いただろって思われるような感じになってしまいましたが、実は結構いろいろ考えた末の、私のステージに対する思いを詰め込んだデザインです。(手は抜いたけどね!笑)

1stの「まだ見ぬあなたへ」は現在を葛藤しながら未来へ向かう曲、2stの「みやこわすれ」は過去を愛おしく思う曲、3stの「Requiem」は死者を追悼しつつ明るい未来を願う曲。どの曲も、過去、現在、そして未来という時間の流れを歌った曲だと思っています。そしてどの曲も過去や現在を暗く捉えるだけでなく、それでも明るい未来を思っています。「夜のうた」もしかり。

まずチラシの色は始め暗い濃い紫にしようと思っていたのですが、明るい白味がかった紫にすることで、明るい希望がありそうな感じにしました。
そして白い半円が何を表しているかわかった人はいますか?はい、絶対いないと思います。正解は、花瓶です。みやこわすれのように花を想って花瓶を上から見てみたけどなんの花が咲いているかわからない、そうまだ見ぬあなたへな感じなんです。何言ってんだお前って感じになってしまいましたが、ここまで考えてデザインしたということは本当で、それを実際に具体化したときにシンプルになってしまったんです。えへへ!

そしてここまで関わってきてすごく感じているのは、定演には団員全員をはじめ、くまさん、伴奏者さん、スタッフの長老さん、会場のスタッフさん、応援してくださるかたがた、、たくさんの人たちが関わっているということです。
私がここまで続けてこれたのも、私がばらに入ってから関わってきたすべての人のおかげだと感じています。
そのみなさまに感謝を伝える意味でも、定演で今まで私たちがやってきたことをすべて出し切るというのが私の目標です。
(最後の挨拶しんみりみたいになってしまってちょっと反省)

せっかくいただけている貴重な機会、みんなにとって何か実りある定期演奏会にしたいですね!

ここまで読んでくださりありがとうございました!
体調には気をつけて定演まであと少し頑張りましょう〜!

∧PageTop



Menu

Calendar

<01   2019-02   03>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。