FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Archives : 2018-11


2018-11-06 (Tue)

10/31水曜練

こんにちは!アルト1年のらんらんです。
10/31(ハロウィン!)の練習は仮装練でした!みんな思い思いの仮装をしていてすごく面白かったです♪今年は仮装率が高かったみたいで嬉しいですね〜来年はもっと気合を入れて楽しみたいです!

さて、本日の練習について書いていきたいと思います。

今回のパート練はソプラノアルト合同で行いました。
これは前々から言われていることなのですが、いえあおうの発声の時に「え」で口の形や響きが変わってしまい、響きが奥の方に引いてしまうことが多いと指摘されました。
最近行なっている、舌をべーっと脱力させた後にゆっくりと位置を戻して、舌先を歯の裏に軽く付けて舌の力を抜いたまま歌うことで声を前に飛ばす練習をしました!
個人的にはこの練習をするといつもより声が出る気がするので、アンサンブル中にも時々行なっています👅

アンサンブルでは2stの前半3曲を歌いました。
各パートで意識しなければならない点はたくさんありましたが、今回デクレッシェンドについて指摘を受けたことが印象に残っています。これはこの曲集だけでなく、全ての曲に当てはまることですが、デクレッシェンドは意識するあまり密度が薄くなってしまい聞こえなくなってしまいがちです。デクレッシェンドこそ集中して存在感をしっかり残すことができるようにしたいなと思います。音量をコントロールするのは本当に難しいですね…

今回は徽音祭ステージ前最後の練習でした。コンマスのチャルさんが「本番ではあまり多くのことを考えられなくなるから、1つどこを気にして歌うかということを決めておくといい」とおっしゃっていました。

今回の練習では暗譜を意識して歌いましたが、私は楽譜を外すと強弱の意識が弱くなってしまうので…
私は1つえらぶとしたら、全体の山をどこに持ってくるのか、各フレーズで持っていきたい頂点はどこなのかを意識して歌おうと思います。
余談ですが、先日クライネスさんの練習に伺った時に行っていた、1つ前の強弱記号より大きくなった強弱記号には□を、小さくなった強弱記号には△をつけるという方法(ちょっと違ったかもしれません)によって、以前より強弱を意識しやすくなりました。これからも行っていこうと思います!

余裕があれば、拍感をつける位置や1拍目がどこかであるかを意識することができたらいいなと思います。(その前に伸ばす長さや入りが少し不安ではありますが…歌い込みが足りませんね)

徽音祭の合唱喫茶の後はいよいよ徽音祭ステージですね。私にとっては初めて立つステージなのでとても緊張します…
定演も近くなり焦りも生まれてきましたが、出来ることを一つ一つ確実に積み重ねていくことで、今の自分にできる全力を尽くしていきたいです。

∧PageTop



Menu

Calendar

<10   2018-11   12>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template