FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Archives : 2018-11


2018-11-07 (Wed)

徽音祭②

11月2日、3日 徽音祭!!

こんにちは!アルトとしてばら日誌を書くのは初めて、A2のえとです。今年の徽音祭では3日に合唱喫茶、4日に徽音堂ステージ発表を行いました。時系列順に振り返っていきましょう。

〈合唱喫茶〉
合唱喫茶というのは、お客様にケーキや飲み物を楽しんでもらいながら団員の歌を聴いてもらうという出し物です。
今年の徽音祭曲は「今ここに・わが抒情詩・きみ歌えよ」の3曲でしたね。「今ここに」は私たち2年生が最初の五月祭で歌った曲なので非常に感慨深かったですし、「きみ歌えよ」は今年の五月祭で1年生が初めて歌った曲だったので少し懐かしかったですし、「わが抒情詩」はとても好きな曲だったので嬉しかったです。(個人の見解です)(薄い感想ですみません!)
ユニット曲も男声合唱・女声合唱・アカペラ曲・ポップスなど様々な種類のものがあり、だんご3兄弟やstoriaなど有名な曲はお客様もよく知っていて楽しんでいただけたと思います。より合唱を身近で楽しいものだと感じてくれていたら良いですね(*´꒳`*)

私は運営業務を中心に行っていたのであまり歌唱には参加できなかったのですが、その分ばら人が歌っているのをたくさん聴くことが出来ました!不思議なもので、自分が中に入って歌っている時に聞いているより、外で聞いている時の方が上手に聞こえるんですね。各パートのハーモニーやばら人が楽しそうに歌う様子、聞いているお客様の顔。それを見ていると、大好きなばら人と楽しく歌ってそれを聴いていただくということの素晴らしさ、合唱の楽しさの原点を確かめられた気がしました。みなさんにとっても有意義なイベントになっていたらいいなぁと思います。

最後に、一緒に仕事をしてくれた徽音祭委員、たくさん助けてくださった元徽音祭委員の皆様、お手伝いや歌唱で合唱喫茶を作り上げてくださったばら人、kifcさんや天候や神様、そして聴きに来てくださったお客様、本当にありがとうございました!!!!!

〈徽音堂ステージ発表〉
初めて舞台の上で定演曲の2ステ「みやこわすれ」の発表を行いました。しかも暗譜でしたね。皆さんいかがでしたか?私は正しく歌うことに必死になってしまって、拍感はおろか母音の形になんて全くと言っていいほど意識が及ばずとても反省しました。やはり舞台の上では普段より気が回らないものなので、無意識のうちにあらゆる箇所に注意を向けられるよう練習あるのみですね!一回一回の練習を大切に、意識的に歌っていきたいと思わせてくれるステージでした。
ちなみにアルトの皆さん!朗報です!ステージを聴いてくださったもこさんが、すみれのアルトのハミングがいい感じに流れていたし、緊張感があって良かった、と仰っていました!やったね!

以上で徽音祭についてのばら日誌を終わりにしたいと思います。私がイベントの責任者だったこともあり、日誌のはずが完全に「きいんさいのかんそう」になってしまったことをお詫び申し上げます。ここまで読んでくださってありがとうございました!!

∧PageTop


2018-11-07 (Wed)

徽音祭①

こんにちは!A1のたけみーです。
みなさん徽音祭おつかれさまでした!私は徽音祭1日目ということで、合唱喫茶について書いていきますね。全ユニットを見ることができたわけではないので、自分が参加していたユニットに限って書かせていただきます。ご了承ください。

【徽音祭曲】
今回の徽音祭のために練習した、「今、ここに」「わが抒情詩」「きみ歌えよ」の3曲です。「きみ歌えよ」は五月祭でも歌いましたね。この3曲は次期技会が仕切って練習を進めていました。徽音祭練は正規練前や正規練後に行っていましたが、みなさん参加してくださりありがとうございました!!次期技会としても良い経験になりました。
では、当日のお話をしますね。「今、ここに」は、テンポは遅めですが強弱変化がわりと多い印象です。個人的には男声がメロディーを歌い、女声がラ・ラ・…と歌うところが好きなのですが、当日もきれいに歌えていたと思います。「わが抒情詩」は、特別難しい箇所があるわけではないですが、8分の6拍子の曲なので、リズムが遅れないようにすることが課題でした。こういった曲は、落ち着いて歌うことはもちろん、指揮者をみるだけでなく各自が拍を感じながら歌うことが大切ですね。後半の盛り上がるところのハーモニーが素敵でした。「きみ歌えよ」は前の2曲とは異なり、伴奏つきの明るい曲ですね。1年生も含めて1度歌っているからか、余裕をもって楽しく歌えている人が多かった印象です。途中、ゆっくりとしたテンポでベース、アルト、テナーがパートごとに歌うところがあるのですが、そこはまだまだ課題ですね。小さい音であったり、出しにくい音域であったりしても安定して出せるようになりたいです。

【ほたるこい】
もともとアルト合唱として7月の七夕会で披露していましたが、今回は何人かソプラノさんにも参加していただきました。輪唱の「ほ」の響きが素敵ですね。他パートを聴きすぎて混乱することもある曲ですが、ずれることなく歌いきれたときの達成感は大きいです。

【storia】
こちらも女声3部合唱です。どのパートにも主旋律があり、歌っていてとても楽しいです。間奏明けのところのリズムを正確にとるのが少し難しかったですね。

【だんご三兄弟】
この曲はとにかく楽しいです。こういった曲を真面目に合唱するの好きなのでまたやりたいですね。この曲も色々なパートが主旋律を歌っているのですが、特にベースの「かたくなりました」が良いですね。パート数が多かったり、音がわりと高かったり、少しとりづらかったりするのに、歌詞の中身は「だんご」っていうギャップが面白いです。

【新しい風のように、爽やかな星雲のように】
このユニットは参加人数が多かったので、フィナーレ感ありましたね。強弱や歌い方など、コンマスのチャルさんが細かく指導してくださり、いろいろと意識して歌えました。16分音符をひたすら連打するところがあるのですが、パートによって細かい音程変化があったり、高音をキープし続けたりなど、それぞれ大変でしたね。最初はピアノ伴奏もなく、静かなハミングと朗読から始まり、最後には壮大な感じになる構成が素敵な曲です。個人的にはもっと極めたい曲だなと思っています。

私が参加したユニットは以上ですが、その他のユニットに参加されていたみなさんも本当におつかれさまでした。多くのお客さんが来てくださり、とても嬉しかったですね!やはり聴いてくださる人がいるというのは、歌っていてもとても楽しいです。
そして、企画・運営等進めてくださった徽音祭委員の方々も本当にありがとうございました。

∧PageTop



Menu

Calendar

<10   2018-11   12>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template