FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Archives : 2020-12


2020-12-30 (Wed)

12/20 歌い納め コンサートマスターより

寝ている最中に失礼します。ベース3年のピクリンです。

【歌いおさめ】
まずは、皆さんお越しいただきありがとうございました。ちゃんと無事にお家にたどり着けたでしょうか。アンサンブルでは「心の瞳」のフレーズ、それを超えたまとまりについてチャチャっと調整しながら完成させていくという方式を取りました。「今自分たちはどこに向かっているのか(ミクロ・マクロで)」を歌っている最中に常に考えておくのは大事だと思います。一方、こまごまとした話は今まで結構やっていたので、みなさんよくできていましたね。それと、やっぱり大人数だと声の圧がすごいです(月並み)。密サイコー!
音楽会も楽しかったです。ベースパト芸の後半以外は彼も此も目を驚かさぬはなき感じでした。ちなみに、うちの学年合唱の曲は「平行世界、飛行ねこの沈黙」の「うたひ手」でした。

【練習の総括】
今年度(主に9月から)の目標は
「みんなで合わせて唱う」
でした。表現をどうするとかそういう前に、そもそも少なくとも4声部が揃わないと合唱というのは成り立たないのですが、まずはその段階に立てるようにしようという話です。とはいえ、「合わない」原因は山ほどあって、例えば、楽譜のページをめくれない、自分の世界を創生しそこに住みつく、発声のタイミングで声帯が合っていない、子音で引っかかっている、16分が適当というか8分が適当というか…(recursive)、音価が甘い、音に対する根源的不安、指揮を見ない、指揮が見るに堪えないことなどが挙げられます。それらをどのような順番・方法で直していくのを考えるのが私の仕事だったと思います。ここ主体で発声も見ていたので、アンサンブルで「響き」や「強弱」についてあまり触れられなかったのが心残りです。まぁくまさんが毎年仰っている話はちょくちょく話してきたので、来年以降くまさんが山里から帰ってきても、仲良くできると思います。話を元に戻して、目標がどれだけクリアされたかですが、散々このようなことを毎回の練習で話していたので、流石にみなさんも意識して歌ってくださったように思われます。特に入りやアウフタクトでの遅れは徐々に減っていきました(切り際が雑なことはまだありますが)。これは指揮も5割悪いのですが、アウフタクトは重くならないように、次の1拍目に向けるように気をつけましょう。あとは、「周りの声を聞く」だったり「自分の中に明確な拍を持つ」だったりが一人一人できるといいのかな。

【〆】
半年程度と短い間でしたが、みなさん練習に参加していただきありがとうございました。
コロナと単位には呉々も気をつけてください。

∧PageTop


2020-12-30 (Wed)

12/20 歌い納め サブマネージャーより


こんにちは!アルト3年(4年?)、サブマネージャーのらんらんです☀️
12/20(日)は〜〜??歌い納め〜〜!!ふ〜〜!!!
というわけで、この間は歌い納めでしたね!
何書いたらいいんでしょう。練習内容とかはきっとピクリンが書いてくれるかな😉

まずはスモールコーラスの練習かな??
その場で次期技会さんの指導のもと、音楽会で歌う曲の音取りをしました🙌
来年もパト練・アンサンブルが楽しみだなぁ〜

あとは学年会とかも楽しかった!1年生も1年生同士で交流を深められたようで楽しそうでしたね🥰(アルバムの写真がかわいかったです!)
まだ顔を合わせていない1年生にも会える日が来たらいいなぁ〜😆

最後のピクリン酸ブルも感慨深いものがありましたね…私はあまりピクリンのアンサンブルを受けられなかったので、ピクリンの指導のもとで久しぶりに4声揃ってアンサンブルをすることができて嬉しかったです。

音楽会ではいっぱい歌えて、色々聴くこと見ることができてとっても幸せでした
今年パト芸をすることになるとは思わなかったけど!笑

最後に幹部挨拶、夜のうたの時間まで作ってくれてありがとうございました!
心残りは多々あれど、ここで区切りをつけることができてよかったなぁと思います

歌い納めは私が大好きな白ばららしい空気感で、あったかい空間でした
企画してくれたのんたん、るくんには頭が下がる思いです、ありがとう!!!!!

先行き不安なご時世ですが、これからもできる範囲で楽しみましょう〜!来年の白ばらも楽しみです☺️✨
以上!長老1年生のらんらんでした〜!

∧PageTop


2020-12-30 (Wed)

12/20 歌い納め マネージャーより

こんにちは!ベース3年のるです!

さて12/20(日)は「歌い納め」でした!
歌い納めとは、今年残念ながら中止を決定した定期演奏会の代わりのイベントです。
コンマスによる最後のアンサンブルや、有志が歌うユニットなどなど、、まぁとりあえず白ばらの良いところが詰まったイベントでした。
今年は例年行なっている春合宿や夏合宿などもできなかったですが、合宿に匹敵する楽しさがあったのではないかなと思います。

このイベントをもって、私たち3年生幹部代は幕を閉じました。
一応、団長という役職をやっていましたが、みんなと協力して、少しでも最後に活動できて、本当によかったです。
来年以降、どうなるかわからないですが、早く今までの日常に戻り、さらに楽しい白ばらでの学生生活が遅れることを切に願っています。

以上、たまにものすごく勉強のやる気がでて、めっちゃ勉強するけど、次の日はやる気が0になってしまい結局中々進捗が埋めないベース3年、「る」だけど2年生になったくらいから同期以上の学年から苗字で呼ばれるようになった人でした。

∧PageTop


2020-12-27 (Sun)

12/16 水曜練

おつされさまですおはようございますこんにちはこんばんはS2てらです。

最近途中参加ばかりでしたが今日は久しぶりに発声練習から参加できました()
発声練習はいつも通りでしたね。強いて言えばショートブレスの1/3拍を皆途中で息継ぎ忘れたのかな?って感じになってて草生えました。かく言う私もできてなかったので発声練習は大事ですね。

曲は"Storia"でした。はじめはいつも通りパートの人数比がおかしかったです。徐々に途中参加の人が増えてきてパートバランスよくなったかなという感じです。
今回は最初から皆で合わせました。最初一回通したときずれてたところが最後通したときにハモれてたので皆天才てすね。

そういえば、今年最後のお茶大練だったぽい(?)ですね。年内に1年生と仲良くなれてよかったという気持ちです。

ということでここまでお読みいただきありがとうございました~。

∧PageTop


2020-12-17 (Thu)

12/12 土曜練(大山)

こんにちは!アルト2年のもるです。
今回は大山のホールで、今年最後の外部練でした。
もう12月も終わるってびっくりですよね。
ホールでの練習だったので、今年はステージにのることができなかったなーと思って寂しくなりました。

今回も練習した曲は「心の瞳」です。
女声は合同でパト練を行いました!
アルトは音が少し低くなりがちで苦戦しましたね。他パートの音に合わせるのではなく、アルトだけでも自信を持って歌えるようになりたいです!

アンサンブルではフレーズを意識しながら練習をしました。
私はなぜか今回の練習では体にすごく力が入ってしまい、かなり必死に歌ってしまいました。
もっとのびのび歌えるように、姿勢やブレスを見直していこうと思います。

最近めっきり寒くなってきましたね。
歌い納めの時みんな元気に集まれるよう、体調に気をつけていきましょう!

∧PageTop


2020-12-14 (Mon)

12/9 水曜練

こんにちは〜こちらはソプラノ2年メリッサです!ただいま大塚一丁目、お茶の水女子大前に来ております。本日は、こちらでの女声練習に潜入していきます〜!(^^ゝ

今日はお茶大の部室(物凄いボロいです笑)で練習だということで、そちらの方に向かいます。ちなみにここに入るためには入口のゲートで暗証番号を入れてなければならないのですが、途中参加の私はもれなく何回か間違えて1人でさまよいました笑

さてさて中に無事入ると、おっと、パート練習が終わるくらいの時間帯でしょうか。せまい部室ですが、キーボード2、3台かつ漫画が山のようにあって、充実した引きこもり生活ができそうな具合です。(?)ちなみに私はガラスの仮面が好きでここにも大量にあるので天国です。笑

さぁ練習に入ります。今日は女声だけで練習している「ストーリア」という曲を引き続き練習しています。ソプラノのパート練習では、音程の最終確認をしたり、強弱や休符など細かいところに気をつけて歌いました。その後、いよいよ女声全体で合わせていきます!フレーズ感を意識して、流れを途切れさせないように歌うように注意します。

ストーリアは、NHK歴史秘話ヒストリアのオープニングに使われている曲なのですが、このミステリアスでオリエンタルな感じのメロディとハーモニーが個人的にとてもとても好きなので、歌っていて非常に楽しいです!(^O^)いま、この日誌を書くために楽譜を見返していたのですが、こういう歌詞がありました。「恋人のささやき ほしくずのチター」、、ん?はて。チターとは??ということで、調べてみました。(今更かよ!!というツッコミは置いといて。)

ツィター(独: Zither、仏: Cithare、伊: Centra da Travola)は、主にドイツ南部、オーストリア、スイスなどでよく使用される弦楽器(弦鳴楽器)。チターとも。(Wikipedia、閲覧日12月12日)
なるほど、チターは楽器なのですね!日本の琴にも似ているとか。中東からヨーロッパにかけて似たような楽器が多いそうです。そうか、、ほしくずのチターか、、砂漠で遊牧民族が満天の星の中弾いている様子を想像してしまいます(*˘︶˘*).。*ロマンチックな歌詞も、この曲の魅力の一つです!

さてさて、そうこうしてる間に練習が終わるみたいです。椅子などを片付けて連絡を聞いて、解散となります。これにて現場リポートは終わりになります!ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました( ´▽`)それでは〜!!

∧PageTop


2020-12-06 (Sun)

11/28 土曜練

こんにちは!ソプラノ2年のよしるかです!
みんなレポートがひと段落ついたようで何よりです。

今日の練習は「心の瞳」をやりました。
今日は珍しく男声と女声が同じ場所で発声とパト練をやりました。広いホールはいいですね。他のパートの練習も見られて飽きないです。

ソプラノパト練では、ブレス、声帯意識を最初にやりました。
声帯ってなかなか普段意識しないですよね。ハッ!!と勢いをつけて声を出した時に動くのが声帯らしいですよ!

アンサンブルでは、普段のお茶大の練習室よりお互いの声は聞こえてきて歌いやすかったです。(それでもソーシャルディスタンスをとっているので歌いづらいことには変わらないですが)
高い音を息が混じらないようにして歌うのって難しいですね…筆者は腹筋を鍛えようか迷っています笑。

最近は最低気温が6度とかとても寒い日が続きますが風邪ひかないよう気を付けましょう!ではでは。

∧PageTop


2020-12-03 (Thu)

11/25 水曜練&次期幹部練

【第1章 storia】
<15:00>
いつものように3限の出席レポートを猛スピードで仕上げて練習場所に行きました。
体温測定をしてから館内に入るのですが、ある先輩のおでこの表面温度が低かったのか機械がエラーを起こしていました。
<15:30>
体操や発声練習後に各パートで分かれて音の確認をしました。ソプラノは一番大きな部屋を守る役割を任せられました。一度は通したことのある音取りのプロたちだったので強弱など細かい部分の確認をしました。
<16:00>
他パートと合わせて歌いました。間奏後の掛け合いの部分が好きなのですが、入りが割と苦手なので気をつけたいです。

____完____

…ではないんです、この日はなんと次期幹部練がありました。

【第2章 夜のうた】
<19:10>
発声をしました。こう見えて私は次期パートリーダーなので、みんなに指導する立場でした。とてもとても緊張しました。
<19:45>
アンサンブルの時間です。「夜のうた」は水曜練後にも歌っていましたが、最近は女声合唱しか聞いていなかったので、混声の音の深みが懐かしく感じられました。久しく歌っていない「遥かな友に」(※本来の水曜練後の歌)もまたみんなで歌いたいなあと思いました。

【エピローグ】
たくさん歌いました。楽しかったです。

(ソプラノ2年 よつば)

∧PageTop



Menu

Calendar

<11   2020-12   01>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template