FC2ブログ

ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Permanent entry


2018-11-28 (Wed)

11/21水曜練

Com(0)

あっはい、こんにちは。ピクリンです。11/21の水曜練について振り返っていくのですが、なんせこれを書いているのが練習の6日後ということで、思い出すのに苦労しそうです。まさにErinnerungですね。

[パート練]
まず、ベース・テナー合同でベース体操long.version。次に、発声(ロング、ショート、zzz、いえあおう、そっきん)を行いました。僕は風邪で休んだ後らへんから、ブレスが安定しなくなり、この日もチャルさんに指導していただきました。
パト練では、1ステを主に扱いました。以下、注意された点をそこはかとなく書きつくっていきます。
1. たそがれ
2小節目→引かないで伸ばす。11小節目→「生きた」は全パート揃うので特に意識。13小節目から→4,5小節の大きなまとまりで捉える。20小節目→一拍目意識。22小節目→デクレッシェンドは計画的に。最初の2拍は弱めないのが良い。
4. まだみぬあなたへのうた
9小節目→一拍目をしっかりと捉える。21小節目→アウフタクトは柔らかくそっと入ろう。24小節目→落ち着こう、ベースメン。32小節目→鼻で出さない。濁らせない。35小節目→子音をたてない。42~44小節目→付点四分音符は伸ばす。引かない。51小節目→mf。少し抑える。71小節目→流す。

[アンサンブル]
我らがコンマス、チャルさんからスローガンが発表されました。”音楽の悦びを知りやがってオレにもいい思いさせろよ”です。オレというのはもちろん指揮者のことです。これ、元ネタ的にまずい気が...
2ステの2曲目と4曲目を歌いました。注意された点は以下の通りです。
2. はっか草
22小節目→ベースメンの苦手な「おさない」ゾーン。24小節目→流し込む。30小節目→音の長さをもっと意識。32小節目→ここにもっていく。42小節目→きよらか感をもっと出そう。フレーズで歌う。49小節目→ここにもっていく。46小節目→p。ふわっとした感じで。58小節目→過去にふける感じ。75小節目→子音処理。85小節目→プッツリ切らない。
4. みやこわすれ
4小節目→出だしは懐かしい感じを出す。10小節目→拍の頭にもっともっていく。15小節目→一息で。バラつかない。20小節目→柔らかく入る。25小節目→止まらない。前へと流し込む。
今回の練習をまとめると、大きなフレーズで捉えることと、フォルテのところで流し込むことが大切だという話でした。

さて、定演まで1ヶ月を切りました(11/27現在)。暗譜はみなさん済んでいるでしょうか(私はまだ1ステが終わっていませんが)。残りの練習も数が限られていますので、一回一回に集中して挑んでいきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

∧PageTop


Comment

コメントリスト


コメントは こちらから


管理者しか読めないようにします    


Menu

Calendar

<11   2018-12   01>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

New entry

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template