ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Permanent entry


2017-06-08 (Thu)

6月7日 水曜練

Com(1)

はじめまして、A1のたみーです。

今年度1年生の日誌フロンティア!これからめっちゃ参考にされるやつですね!怖!!

先生の雑談までノートにとる生真面目人間の私なら練習を完全再現!することも可能ですが、適当に自分の言葉でまとめてみます。(「適当」の解釈はお任せします。)

〈曲目〉終わりのない歌 Ⅱ. 月の夜

〈例示〉
楽譜を確認したい一方で歌っている方々の素敵な表情も見たいという葛藤により首の体操ができます。毎度ありがとうございます。

〈パト練〉
⚪︎発声はお預け。スキマ時間にリップロールを…というのは世間の目が厳しいですが、呼吸練(3拍吸う→2拍止める→8拍吐き切る→と見せかけてあと3拍なんとか吐く の繰り返し)などは電車内でもできますね。(高校時代の恩師の受け売り)

⚪︎音とりメインの練習。個人的には41小節目〜の和音が狂おしいほど好きです。ここのアルトの動きが性癖。

⚪︎パトリさん方のありがた〜い御言葉(抜粋)
・序盤のテナーさんを聴いて音量を調整しよう
・起伏が少ないので音量変化は大袈裟目に意識
・11小節目「なか」走らないで「nな」をはっきり
・21小節目「認め合う」の「う」はっきり発音しすぎず自然に(話すような感じ)
・33小節目〜 テナーに並走 我々は脇役
・45小節目〜伴奏を聴き時の中にたゆたおう
・53小節目 収め切る
・60小節目〜 優しい笑顔で甘い記憶に浸る
・69小節目〜cresc. 徐々にピントが合う感じ
・105小節目 音は下がるが声は上向きに
・117小節目 静寂からの入り テイネイに

〈アンサンブル〉
⚪︎コンマスさんwith a capのありがた〜い御言葉
・爽やか青春男(全曲)からメンヘラ男(次曲)への過渡の危うい感じ
・全体的に起伏は少ないが大人しくなりすぎぎず、波、うねる心太を意識
・フレーズ感を大事に
・最初のテナーはやりきれない切なさ
・16小節目の和音のハマり具合を感じる
・60小節目〜 海岸線で彼女と居るときのふとした空白の時間の気持ち 潮騒が聞こえる
・終盤 不穏な感じに気づかないふりをしていたがフられるフラグは立っていた感

まとめますとか言ってそれほどまとまってない無能。すみません。これ以降の1年生達はより素晴らしい日誌を書いてくれることでしょう。
お目汚し失礼いたしました!
スポンサーサイト

∧PageTop


Comment

コメントリスト


 

電車内での呼吸練、よいですね。明日やってみます!

∧PageTop

  • by:webたん
  • [URL] #-
  • 2017-06-08(Thu) 20:56:55
  • [Edit]

コメントは こちらから


管理者しか読めないようにします    


Menu

Calendar

<05   2017-06   07>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

New entry

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template