ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。

Permanent entry


2017-06-30 (Fri)

6月28日 水曜練

Com(2)

こんにちは!ソプラノ2年のゆうです。

今書いているのが30日なので、明日から7月になりますね!
月日の流れ、早すぎる・・・
ついこの間までわたし1女だったのに笑

でも、2女も楽しいゾ!!



さてさて、本題に入ります。

この日は2stの1曲目、「光よ そして緑」の2回目の練習でしたっ

実はこの日、学科のレポート課題締切り日の前日で疲労困憊しており、記憶が曖昧なところが多々あるのですが、ご了承ください・・・


*ぱとれん

ソプラノは最近ご縁のある小練でした。

体操、発声のあと曲に。

11、12小節目の「なにを」、アクセントとドルチェの対比のことや、
14小節目の山みたいなフレーズ
日本語がカタコトみたいにならないように

などなど、音取りは終わっているので表現についてやっていきました

ぱとれんの後半は、アルトとの合同ぱとれん。

まず一度合わせ終わったとき、ソプラノとアルトもっと歩み寄ろう!と言われました。
そして各パートの人が交互に並んで歌いました!

おこめさん、面白かったな〜
何が面白かったか忘れちゃったけど!


*アンサンブル

ひかり「よ〜」
そしてみどり「よ〜」
このむね「に〜」
二分音符の伸ばすところは緩める。

12小節目「なにを」
ドルチェだけどおどおどした感じにならない

14小節目「ひかりよ」
現実を見すぎない

ためしてくだされば
三連符の「めして」重すぎないように
「く」に向かってく

22小節目「 ’ それとも」
歌詞にカンマが書いてあるように、流れを変えたい。
でもテンポ感はそのままで

24小節目「すすみ」の「み」
ナポリの2度!!
めっちゃ大切!!!

「すすみきれない」
前進する。もったりしない。
そうしないと27からの伸ばしがキツい。

最後の伸ばし、ソプラノの高音はすっごい高級なファブリーズみたいに。


練習のまとめでテンポ感、リズム感を大事に、とコンマスさんがおっしゃっていました!



そしてハピバで、ぱとまねずがJAMにジャムをプレゼントしました笑

はっぴばーすでーとぅーゆう


読んでくれた方ありがとうございました。
失礼します!
スポンサーサイト

∧PageTop


Comment

コメントリスト


 

狂気を感じる、、、

∧PageTop

  • by:SA
  • [URL] #-
  • 2017-07-04(Tue) 21:44:52
  • [Edit]

 

とりあえず、ゆうさんの誕生日、ハピバのお菓子に書くメッセージは決まりましたね!

∧PageTop

  • by:webたん
  • [URL] #-
  • 2017-07-04(Tue) 22:43:00
  • [Edit]

コメントは こちらから


管理者しか読めないようにします    


Menu

Calendar

<09   2017-10   11>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

New entry

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template