ばら日誌

東京大学白ばら会合唱団の活動日誌です。


2017-06-01 (Thu)

5月31日 水曜練

こんにちは!テナー3年のいまむーです。

気が付けば5月が終わってしまいました。嗚呼。

6月に入ると梅雨が近づいてきますね。
雨は嫌いじゃないのですが、濡れるのはどうも。
特に靴下までぐっしょり濡れてしまった時は、閉口してしまいます...。
濡れない雨があるといいのですが。

でもそんな雨の合間に時折顔をのぞかせる太陽は、なかなか神秘的できれいです。
濡れた靴下も忘れさせてしまうほど。
人間とは単純です。



〔練習〕
この日は2stの終曲、『君のそばで会おう』の初練習でした。
技会による例示は、既にステージを経験したこともあってか、気持ちの入ったものでした。



〔パト練〕
テナーは久しぶりの大練でした。
とはいえ、広さを持てあます人数。
長老さん、お忙しいとは思いますが、少しでも顔を出していただけると嬉しいです!
(そして定演に乗りましょう...!!)

練習は音取り中心でした。

音の跳躍や細かい変化が多く、完成度をあげるにはまだまだ時間がかかりそうです。
23小節の転調など、確実にあてていきたいです。



〔アンサンブル〕
・12小節目の男声は気持ちが一方的にならないように。
・36小節目のテナーは重くなりすぎないように。
・40小節目のユニゾン、ビシッと決めてしびれたいものです。

余談ですが、この曲が昨年度の定演で歌った「まほろば」の終曲、『大切なことは』に似ていると話題になりました。
伴奏を挟んで前の曲の歌詞が出てくるところです。
同じ上田真樹さんによる作曲ということもあるのかもしれません。

よはんぬの指揮も気合が入っていました。
ここでは「青春」がキーワードだそうです。
確かに若さを感じる曲集です。


詩にもそうした思いが込められているように感じます。
銀色夏生という女性詩人(男性と思っていました)によるものですが、目線が同じ、共感できるような詩です。

  「いろんなところへ行ってきて
   いろんな夢を見ておいで」

信頼を感じるあたたかな言葉です。
若いからこそスポンジのようにすべてを吸収して、純粋に夢を見ることができるのかもしれません。

表題曲でもある4曲目の『終わりのない歌』には、次のような詩があります。

  「時間をください
   力をください
   気持ちをください
   終わりのない歌をください」

あれがほしい、これがほしいと、なんでもねだり的ですが、嫌味は感じません。
まっすぐな思いがぶつかってきます。
これほど率直に言えるのは、若さゆえなのではないでしょうか。


もちろん「若いから」といってすべてが許されるわけではありません。
だからといって、込み上げる気持ちを、力を抑えることはできません。
そんな板挟みの中で、心は不安定に揺れ動く、だからこそ、この一瞬一瞬が素晴らしいのでしょう。


すべてを求めたっていいじゃない
無茶をしたっていいじゃない
夢を見たっていいじゃない

進みきれない僕たちに、そう語りかけてくるようです。



新歓期が終わり、次期幹部役職決めが始まり...あっという間ですね。
梅雨が明ければもう夏で、気付けば秋が来て、するともう定演が...!
まあまだ梅雨入りもしていませんが。

∧PageTop


2017-05-29 (Mon)

5月27日 土曜練

こんにちは!ベース3年のまっつびーです。最近筋トレを始めて本郷にある御殿下というジムの年パスを取ってしまいました。果たして自分は1年後も筋トレを続けているのだろうか…(白目)

さて、27日の練習は3st『雨ニモマケズ』の『告別(1)』でした。初めて練習する曲である上に、長くて難しかったですね。でも、全体としては、1回目にしては良かったという講評をいただきました。自分は…家で音を取り直してきます(反省)

〇ぱとれん
ベースのパト練は、div.の上下の人数の偏りが大きいうえに、ベース上は技会を除くと自分ひとりだけでした。この曲はdiv.が多く、何度も転調を繰り返すので、音取りの遅い自分にとってはかなりきつかったです。ベースは全体として半音だけ動く進行が多く、パート内で音がばらけやすいので、今後の練習でも何度も音を確認したほうがいいと思いました。

〇あんさんぶる
ここでチャルが登場。彼のおかげでアンサンブル中にベース上が消えることはありませんでした。

今回の練習でくまさんが言っていたことに関して、僕は歌詞の分け方について説明しようと思います。『告別(1)』の歌詞を分けて番号を振ると
① 最初の5行(おまへ~はせた)
② 次の4行(もしも~だらう)
③ 次の3行(泰西著名~やうに)
④ 次の3行(おまへ~とった)
⑤ 次の4行(けれど~だらう)
⑥ 次の4行(それら~すのだ)
⓪ 最後の3行(すべて~まらぬ)
となります。最後の⓪は間違いではありませんよ。

曲の中での順番に並び替えると、
⓪(練習番号なし、1~8小節)
→①(練習番号1~2、9~27小節)
→②(練習番号3~4、28~45小節)
→③(練習番号5、46~53小節)
→④(練習番号6、54~61小節)
→①(練習番号7~8、62~81小節)
→⑤(練習番号9~10、82~102小節)
→⑥(練習番号11~12、103~118小節)
→⓪(練習番号13、119~126小節)
→②(練習番号14~17、127~158小節)
という構成になっています。そして、この曲で盛り上がるのは、歌詞の②、③、④の部分です。このようにして、歌詞と曲の大まかな構成を把握しておくとよいですね。

そして、アンサンブルが終わった頃にりょうやんが来ました。彼は多分、役職会議のためにきたのでしょう。ベースは今回の練習でも自由でした。

∧PageTop


2017-05-26 (Fri)

5月24日水曜練


まっつびーが土曜練の記事を書いているのに気が付いて、あっやべ某web担に殺されるってなって焦っているB3かんとくです。(遅くなって土下座)

いやーーーー2st「終わりのない歌」始まりましたねぇ~!
その最初の練習は最初の曲「光よ そして緑」をやりました!

どうでもいいんですけど(いやどうでもよくないんですけど)、僕、最初のピアノの旋律が好きすぎるんですよ!

緑の木々が覗く窓から木漏れ日が入り込んでくる部屋で、アイスコーヒー片手にまったりしている昼下がりにこのピアノの音色が流れてきたら最高ですよね…!

まぁ何が言いたいかっていうと、みなさんも是非この曲を歌うときはピアノに耳を傾けてみてください。多幸感が胸に染み渡ります!

さて、練習の内容に入っていきましょうか。

【ベースパト練】
いつも通りにベース体操をして、リップロールで息を流して、ボイトレをして、音取りをした気がします。(記憶が曖昧)

個人的にベースの音で苦手なのが(なおこの記事を読むベースメンがあまりいないであろうことを考えると、この記述はほぼ無意味でしょうが、字数稼ぎにお付き合いください←)、10小節目のFですね…!
ソファミレドやん!簡単やん!と思ったそこのあなた、ベースメンはとても音感が弱いの、赦してにゃん!!!
無意識にFis寄りになってしまうようです。
後日パトリのみっきーくんに「キーボードでソファミレドを叩きながら同じ間隔で「ほどなにを」って歌って、音に慣れたら元のリズムに戻すといいよ!」って言われてやったらちゃんと出来ました!(たぶん)

ちなみに余談ですが、24小節目の「いるのですか」の「す」の音符、ウケますよね。笑

【アンサンブル】
アンサンブル楽しかったですね!初回とは思えないほど質の高い練習が出来ていたと思います!
コンマス氏が、みんながあまりにも出来すぎていたので、逆に何していいか分からないくらい困ってました。笑

アンサンブルで強調されていたのは拍感ですね。
コンマス氏の黒板を使ったとーーーっても分かりやすい説明がありました。
ジェットコースターのイメージで、一拍目を頂点にしてそこに膨らみを持ってくる、そして四拍目にしっかり準備をする、というのが僕の理解です。(合ってるのかな…?)

ちなみに余談ですが、ジェットコースターっていう例え、僕がパト練中に出したんですよね…コンマス氏に取られちゃった♡

強弱とかも意識して歌えて楽しかったです!




こんなばら日誌でよかったのだろうか…まぁいいや、こんなばら日誌でした!

∧PageTop


2017-05-19 (Fri)

5月17日 五月祭曲の最後の水曜練

こんばんわっ
コンマスのよはんですっ
最近牛丼屋で頼む牛丼に無料トッピングをあれこれ試す、高付加価値型牛丼の模索が自分の中で流行ってます。今試した中では松屋のプレミアム牛丼×ごまだれは最強です。冷しゃぶ感を味わいながらマヨラーにはたまらないマヨ飯を堪能できます。プラス150円の生ジョッキで完全優勝必至ですwぜひご賞味あれ。

さて17日(水)の練習を振り返ります。
この日は五月祭ステージ前ラストの練習ですね!
ということで、詳細は是非録音を聴いて頂きたいのですが、これだけは頭に刻みこんでおこうぜ!というのだけ抜粋しました!!↓↓


・悲しみの意味
p3が盛り上げ所だよね!アルトのひとつの入りしっかり吸って伸びやかに歌おう!
上段の花が咲くように、はすっと収めて、下段からカメラのピントが合うように凛と歌っていこう!
アルトのかなしみもの入り、僕も一緒に歌ってブレスするので慌てずに僕を見てくれよな(イケヴォ)

・今、ここに
最初のah~のフェルマータ、たーーーっぷり伸ばして歌いきろう、そしてしーーーっかり吸って入ろう!ブレスしてみせるから僕だけを見てくれ!(イケヴォ2回目)
歌に入ってからは小節単位で、1拍目を強く歌おう!
わたしのからだ (切る) 通り抜けて (切る) あなたからとどくものー! (切る) いま ここに わたしはー居て (収める) ここで (切る!!!) わたしはうたうー いま ここにー(切る) わたしは 居てー(クライマックス!!!)
男性は自信もって、女性はわたしを大事に、入ってこう!

・一詩人の最後の歌
パートソロは前向きな気持ち!!!目の前に楽譜があるのをなぞるように歌ってないかい??覚えたての九九を恐る恐る声に出す感じだと、歌声も後ろ向きになってしまうよ!!!
大丈夫!!!ステージではちょっとくらい間違えても聞こえないって!それより、どう?これが演技派舞台俳優の超絶怒涛の九九よ?!(キラーン)って感じで歌いきってほしい!!!お客さんに届けるんや!!!(イケヴォ乱用)

と、プラスαで、冒頭のハミングからAになるところ、母音がボロっと出る感じ、小学生が駄々こねて「ヤダー!!」のAはNG!アタックつけるけど、太い芯のある、戦士の雄叫びのようにお願いします!!

抜粋といってかなり冗長になってしまった、、、すいません。

さてさて、今回の練習でちこさんからたくさんフレーズの歌い方のアドバイスを受けました。特に一詩人のソプラノさん(汗)
そのときなんですけど、先日あい混で2st「終わりのない歌」の練習をしていたとき、相澤先生からレクチャーを受けたのですが、まさにこの一詩人のソプラノのパートソロ部に適用できることに気付いたのです!!!
以下長くなるので、今日は読まないで早く寝ることを強く推奨します。
即読み飛ばして最後までいっちゃってください///
もし、いやここのフレーズどうしたらいいか気になりすぎて眠れねえよ!!というお気の毒な方がいらしたらまあ気休めにはなると思うので、風呂上がりに髪乾かしながらでもリラックスして読んでみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相澤先生から受けたレクチャーとはずばり「感動的な演奏が起きるときに満たされるリズム理論」についてでした。
皆さんも「ああ、すごい!!」みたいな感動する演奏を一度は聴いた経験があると思います。(雑)そこでは単に個々人のポテンシャルが爆発したとか何か神秘的な見えざる力が働いていたとかそういう偶発的な(もちろん音楽はそうした側面を多分に含みますが)ものだけでなく、ちゃんと音楽的な理論、ロジックが機能している、というものです。
では、何が聴衆を感動させる演奏へとつなげたのか!?
それは、「3つのアクセント」です。
先に述べてしまうと、ヨーロッパなどで広く受け入れられている音楽理論・リシュー理論の中では3つのアクセントが感動を呼ぶ要素と分析されています。

metric accent =身体的感動…拍子上のアクセント強弱拍などのこと。
rhthm accent=知性的感動…最初と最後の強迫。どこまでが1フレーズかを示す。
pathetic accent=感情的感動…規則正しかったものに、不規則・例外がおこると情感が生まれる。

①についてはよく4拍子は「強 弱 中強 弱」などと日本ではよく教わりますが、より細かく見ると感動を呼ぶアクセントは

・小節の頭につく
・1拍が分割されるとき、分割されている最初の音につく
・分割された拍の次の拍にもつく
・シンコペーションにもつく
・休符の直後にもつく

のようになります。

②についてはあまり馴染みがないかもしれません。実際僕も初めて聞いたとき「ファ???」って間が抜けてました。
つまるところ、このアクセントは1フレーズにおける「土台」のようなものです。合唱のフレーズにおいてずっと平坦な道が続くことはまずなく、もっと起伏の激しい山脈のようになっています。そしてその頂上が「最高音」です。ここは当然ほかの音と違ってエネルギーが要ります。しかし、そこだけ突出したたけのこの里のような歌い方ではキンキン聴こえて耳にやさしくありません。山の上り下り、のぼりは大胆に、くだりは慎重に、とよく言われるように緩急がつきます。それが最高音へ向けた本当に気持ち程度のaccel、最高音を終えた後のritです。そうして高さと幅を備えた建造物も骨組みがしっかりとしていなければ某ANH建築のように一瞬にして崩れ去ってしまうでしょう。そこで必要なフレーズの「土台」としての最初と最後の強拍です。また長いフレーズになると当然二本の「土台」だけでは支えが足りず、「重心」も必要となってくるのですが、ここらへんの解析は感覚的で難しくまだ咀嚼中であります。もっとお勉強しておきますね!

③は新しく出てくる素材(音形、リズム)は大事にしようね!というもの。例えば今、ここにだったらp5はどのパートも タタターッタタタタータタッ ていうリズム進行なんですけど、p6から動き変わりますよね?ここは他と違うニュアンスを込めよう(ここで某altoパトリと韻を踏めることに気づき大爆笑www)というわけです。

以上を踏まえて、ソプラノ「さようならお前愛しいもの」のフレージングを図解すると以下のようになります!(※あくまで僕なりの解析なのでこれが絶対ではないです。)
20170519_224830-1.gif

20170519_224830-2.gif


どうでしょう。フレーズがあたかも 動いて止まる、ひとかたまりの立体的な運動体 であるかのように表現するにはどうしたらいいか楽譜とにらめっこするよりも可視化できてわかりやすいのではないでしょうか?!
もちろん、こういうことをみんなに頭に叩き込んでほしいとかそういう受験チックなことを僕はしたいわけではありません。こういう歌い方をしてほしい!という例示的な、一見感覚的なものにはちゃんと理論として裏付けができるよというのを知っているだけでも受け入れやすさが変わるのではないでしょうか??理詰めが得意な賢いフレンズの皆さんなら!!!(唐突の煽り)
もちろんこうした理論的にも感覚的にもちゃんと譜読み、準備して指導していくのが指揮者の役目だそうです。要は僕が一番やらなきゃいけないことですね、努力します(震え声)
2stの練習から今までこうした小話などもできたらなと思うので、もしここまで読んで興味が湧いたよう!という奇特な方はぜひお楽しみに!!!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さて、読み飛ばした方はおひさしぶりです。ここまできたら、僕から言えることは、2つだけ。とにかく早起きしましょう!そして五月 まつり を存分に楽しみましょう!!!(あれーべたなまとめ方ダナー)

ちこさんの超かっこいい痺れる伴奏、僕のパッションあふれる指揮、そしてみんなのソウルフルな歌で安田講堂をわかせようぜ!!!
準備はいいかい??さあ、とんでゆけ、とんでゆけーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

∧PageTop


2017-05-13 (Sat)

2017/5/10 水曜練

こんにちは〜水曜に頼まれたばら日誌を土曜に提出!待ち合わせの時間とレポート締切は(ギリギリちなっても)守る、が座右の銘のアルト3年みのりんです!

〜今日の五月祭曲〜
今、ここに

○アルトパト練
体操→声出し→曲練

体操と声出しはどのパートも同じだと思うので割愛します!

・曲練
独特な比喩で密かに注目を集めている(私調べ)アルトパト練ですが、今日のおこめさんの名(迷)言を紹介したいと思います!

14小節目アルト「(体を通り)ぬけて」
の部分に芯を持たせたい…が力いっぱい押されても困る、という文脈で出てきた比喩。
「ボディービルダーが赤ちゃんを満員電車の人混みから守るように!」
…意味わかります?分かりませんよね!(得意げに)
アルト民なら初見で分かりますが、初級者のみなさんに説明するとですね、

ボディービルダー→赤ちゃんへの力
歌うときの、繊細に歌おうという気持ち
ボディービルダー→人混みへの力
歌うときにおける、お客さんに届く音質(芯のある/息漏れのない)の音を出そうという気持ち

ということでですね、繊細に歌おうという気持ちに囚われすぎると、お客さんに届かない。
お客さんに届けようとしすぎると、繊細さを失う恐れがある、ということを、

赤ちゃんを抱く力加減に終始していると、人混みから守れないし、人混みに集中しすぎると、強すぎる力(笑)のために赤ちゃんを潰してしまう…というボディビルダーの苦悩で表現したっぽいです!
[図解]
←((→赤ちゃん←))→

書いていて私もよくわかんなくなってきたので、興味あればまたおこめさんに聞いてみてください〜

○よはんぬぶる
今日のテーマは
単調になりがちな前半部に拍感でメリハリをつけよう!
ということでしたー
拍感っていうのは4拍子だと
強拍 弱拍 中強拍 弱拍 というように
拍ごとに音の重みを変えることで、音楽が前に進む力を起こすということだったかと思います。
特に4拍目をただ弱めるのではなく、次の小節に向かうために利用することが、前に進む力を生むコツ?なのかな?他の拍よりもよく話題にされる気がします。

あと、拍をそれぞれが意識することも大事だとも言われましたね!よはんくんが途中まで指を鳴らして拍への意識を促してたんだけど、やめるとまたもたついちゃったと残念がってましたー
それと、同じくもたつかないための意識として、8分音符への感覚を研ぎ澄ますことも挙げられてましたよね!

来週はいよいよ本番なので、この辺りに気をつけるようにして、がんばりましょー

∧PageTop



Menu

Calendar

<05   2017-06   07>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Profile

クリック>管理画面

管理人:東京大学白ばら会合唱団

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link

Information

Template